【オススメ本紹介】宇宙兄弟 今いる仲間でうまくいくチームの話

今回はこの本。

プロジェクトなどのチームを成長させるための考え方などが、マンガ「宇宙兄弟」を例に書かれている本です。

#また、「宇宙兄弟」についてもオススメなので、そこにも触れたいと思いますw

個人的なこの本のポイント

マンガ「宇宙兄弟」のエピソードを具体例として挙げている

タイトルにもあるように、この本はチームの話を「宇宙兄弟」での例を交えて語られています。
エピソードを交えた具体的な例を提示しているため、マンガを知っている方、知らない方、どちらも内容がわかりやすい構成となっています。

4つのリーダースタイル

この本ではリーダーのタイプを、
・ファシリテーション型(南波六太)
・マエストロ型(南波日々人)
・ティチャー型(金子シャロン)
・コンサルタント型(真壁ケンジ)
の4つに分けてています。

各タイプによって気にかかるポイントが変わります。
成果を優先するのか、人間関係を優先するのか、など。
チームの成長段階に合わせた各タイプの立ち回りについて解説されています。

自分のタイプだけでなく、他のタイプの考え方を知っておくことで、
よりスムーズなコミュニケーションにつながりそうです。

#タイプ診断シートもついてますw

個人的な感想

まず、宇宙兄弟が見たくなります(最近アニメを見ていますw)

元々宇宙兄弟はマンガを読んでいたのですが、
改めて「ふむふむ、たしかに」と考えされられる名言が多いことに気づきました。

チームの成長をテーマとして読み返すと、
様々な訓練・実践を通じて描かれるチームの成長の物語でもある「宇宙兄弟」には、
実社会でのチーム育成に活用できそうな点がいくつもあります。
#テーマが宇宙兄弟をオススメする っぽくなってますねw

この本は「すべてのチームに通用する成功法則はない」を出発点にし、
チームの成長を促す4つのリーダー、チームの成長段階(ステージ)、
各ステージにおけるポイント、と内容が進みます。

結局、”今の仲間”でうまくいく方法=そのチームにおける成功法則 となるのだと思います。

この本で書かれているチームの話を念頭に置き、
”今の仲間”と試行錯誤し、無敵のチームへと成長させていきたいと思いました。

この本の終わりのほうにあるように、
まずチームメンバーとこの本を読むことから始めてみるのもいいかもですねw

「チームをもっといいものにしたい!」「宇宙兄弟のファン!」という人には
是非オススメの1冊です!!!!!!