ジャンクで買った1500円のシンクライアント(FUTRO MP702)でいろいろ遊んでみる 〜その1〜起動確認とChromeBook化〜

いえわた

シンクライアント(以降:シンクラ)って知ってますか?

知らなきゃこの辺を見てください

一般的なシンクラの説明では特殊な端末のように書かれていますが、ほとんどはOSが特殊なだけでハードウェア自体は普通のPCと変わらなかったします。(一部特殊なハードウェアを使用したものもありますが省略)

前置きはコレくらいにして

秋葉原のPCコンフルでジャンクのシンクラが大量に入荷されたとの情報を受け早速1台購入してきましたので、コレを使っていろいろやっていきたいと思います。

富士通のFUTRO MP702です

物はこんな感じで意外と綺麗です。付属品は電源アダプターのみ

お店の人の説明ではHDDと無線LANが無いとのこと

お値段はタイトルにある通り1500円です

とりあえずBIOSは起動します

ジャンクPCでBIOSまで起動できれば勝ったも同然ですね!

ちなみにCPUはCeleron877、メモリは2GBでした。

メモリはともかくCPUが貧弱ですね…

 

早速分解してHDDを入れてOSインストールしたいところなのですが、手元に余っているHDDが無いので一旦お預けで

来週、友人に余ってるHDDをもらえることになっているので〜その2〜でやりたいと思います

 

とりあえず起動確認ということでUSBからCloudReadyをブートして見ました

意外とすんなり動いてびっくり!

意外とネットサーフィンもサクサク

そういえば無線LANついてないとのことでしたが、普通についてて使えました。

 

インターネット使うだけならChromeBookとして使うのもアリかもしれない

〜その2〜でHDD入れたらWindowsとかLinux入れて遊んでみようと思います。

このCPUでWindows動かすのはキツそうなので、最終的にはLinuxかChromeOSに落ち着きそう…

 

ではまた