Amazonの安物LEDライトが撮影に使えるのか試してみた

2020年2月3日

いえーい!私だよん!

 

室内で動画/写真を撮影しているともっと光量が欲しい時ってありますよね

大人しく撮影用の照明を買えば良いんですが、純粋に高い…

『LEDビデオ照明ライトキット SAMTIAN 2パック600AS二色3200K-5600K色温度と調光可能 LCDディスプレイと遮光板付き CRI 96+ 四つ電池、二つ充電器、二つ電源アダプターとキャリングケース付属 スタジオ撮影、YouTube、生放送、商品撮影、写真ビデオ撮影に適用』を Amazon でチェック!

なのでAmazonで3000円くらいで売っているLED照明を転用できないかと思いついたので

実際に購入してためしてみました。

今回購入したのがコチラ↓

『KIWEN LED投光器 フラッドライト 改良版 LEDライト 50W薄型投光器 屋外照明 看板灯 プラグ付き 1.8コード付き 昼光色 長寿命 取説付き 13ヶ月間品質保証』 を Amazon でチェック!

本来は駐車場に取り付けたりバーベキューの時の灯りとして使うことを想定しているみたいです

 

開封

とりあえず届いた商品を開封〜

意外とゴツい!でも金属製で安っぽさはないので良い感じ!

 

実際に使ってみた

居室の室内灯を消して真っ暗にした状態で使用してみました。

撮影機材はiPhoneXです。

まずは比較対象としてiPhoneのフラッシュで撮影した写真

写ってはいますが全体的に暗い…

続いて今回購入したLED照明を当てて撮影してみました

結構明るくなりました。当てる位置とかは大事ですが、そこそこ使えるのではないかと言う出来です。

 

一点注意点としてはLED照明が高速で点滅しているため、照明の光を直接撮影するとチカチカしますw(あとたぶん高フレームレートのカメラで動画撮ると同様にチカチカすると思います)

上記のように被写体に当てて使用する分には問題ないみたいです。

 

今回購入したもの

『KIWEN LED投光器 フラッドライト 改良版 LEDライト 50W薄型投光器 屋外照明 看板灯 プラグ付き 1.8コード付き 昼光色 長寿命 取説付き 13ヶ月間品質保証』 を Amazon でチェック!